借地権のルール

借地権は借りる土地という名の通りに土地を借りる権利のことを言います。
土地がなければ建物を建てることはできません。
そのため借地権で土地を借りて建物を建てる必要が出てくるのです。
必ずしも建物と土地が同じ所有者であるとは限らず、普段見ている建物も実は土地だけは別の人間ということもありえる話です。


借地権のルールとしては借りている側は当然土地を貸してもらっている立場となるため、契約したのであれば地代を支払わなければいけません。
地代の額に関してはその土地の固定資産税によって変化してくるため、一概にどれくらいと判断するのは難しいものとなっています。


もちろん代金は地代だけで済むわけがなく、他にも様々なケースで代金を支払わなければならないケースがあります。
例えば建物自体は改築したり、名義を換える場合にはそれに関しての代金が発生する場合があります。
しかし、これらも契約を結ぶ際にどのような契約をしたかということもあるため、必ず支払う必要があるとは限りません。
また、そのように建物の増築等をする場合には土地を持っている人の許可が必要となるという場合もあります。


土地も建物もどちらも高い価値を持っている存在であるが故にトラブルが起きやすいのが借地権という権利です。
借地権にも様々な権利があり、地上権と貸借権という種類のものがあります。
更にここから旧法と新法で区別が付けられることにもなり、新法の方は普通と定期で借地権が分類されています。


ではこれら地上権と貸借権について、そして旧法と新法の違いとは何なのでしょうか。
そして新法の定期借地権はどういう権利であるのでしょうか。


[Recommend site]
借地権の相続についてよくある質問などを紹介しているサイトです > > 借地権の相続